ホーム > 印鑑の情報 > ネットで印鑑を安く作ってもらうことができる

ネットで印鑑を安く作ってもらうことができる

 印鑑はとても大切なものであり、素材や字体など自由に選んで作ることができます。
 そして、長く使うという意味でも、品質がよく信頼して依頼ができる業者を選ぶことが重要です。
 それに加えて、今までははんこ屋さんなど店舗で依頼するのがスタンダードでしたが、現在ではインターネットから依頼して作ってもらうことができます。
 もちろん、業者を選ぶときには、価格だけでなくほかの人の評判なども確認して決めることがポイントです。
 そして、同じ素材で実印や銀行印をセットで割安で購入をすることができます。
 素材によって異なりますが、オーソドックスな黒水牛の銀行印、一本当たり7000円ほどで作ることができます。
 そして、銀行印と実印のセットで購入することによって1万円ほどになりメリットがあります。
 

 印鑑の作成を依頼するにあたって、素材選びから始まります。
 比較的安い金額で作れるのが薩摩本拓で、一本当たり3000円前後になります。
 そして、先ほど出てきた黒水牛は耐久性が高く、牛の角を使っている高級感があります。
 そして、実印や銀行印に使われることが多く、人気の素材となっています。
 そして、近年人気が出ているのがチタンです。
 これは、他の素材と違い耐久性が非常に高いという特徴があります。
 そのため、一生涯使えるというだけでなく、孫まで使えるといわれています。
 チタンは金属の中でも錆びることが極めて少なく、腐食性が低いです。
 そして、一番のメリットが押したときにしっかりと印字できるという部分です。
 そのため、契約書など大切な文書に押すのに適しています。
 金額としては一本当たり2万円ほどしますが、その価値はあります。
 とはいっても、インターネットではもっと安い1万5千円ほどから提供しているところもあります。
 

 最後に書体を選ぶのですが、古印体や吉相体から選ぶことができます。
 銀行印であれば古印体や篆書体を使う人が多いです。
 それに対して、実印では偽造がしにくい篆書体が人気があります。
 いろいろな書体がありますが、インターネット上で依頼する場合書体を確かめることができます。
 それに加えて、金額もその場で確認ができるため依頼しやすいという面もあります。
 そして、納期に関しては天然素材なので在庫によって変動するものの、早ければ翌日に発送をしてもらえるところもあります。
 基本的には機械で彫るのですが、オプションで手彫りしているところもあり、品質が高い印鑑も作れます。
 それに加えて、保証を付けていることもあり、印面が擦れて使えなくなった時に掘り直してくれる業者もあります。
 そのため、比較をして評判が高い業者に依頼をすることが必要です。
 

次の記事へ